夢ノートの書き方でおすすめなのは?作り方。アプリを大公開!

夢や目標を設計する夢ノートをご存じですか?
自分の夢を潜在意識に刷り込み、
その夢を無意識化でも達成するよう行動させるものです。
夢をノートに書けばいいと、お思いの方もいるともいますが、
ここでは、夢ノートの書き方やおすすめの夢ノートの作り方、
夢ノートアプリを紹介していきます。

夢ノートの書き方でおすすめなのは?作り方は?

まず、夢ノートの書き方です。
用意するものは、ノートとペンです。

パソコンなどに入力するよりも、
実際に、手で紙に書くことをお勧めします。
自分の手で書くことで、
潜在意識への刷り込みを強くするためです。

夢ノートの作り方として、
・現在形または完了形で書きましょう
例えば、海外旅行に行きたいことを書くとします。
「行きたい」ではなく、
「行った」や「行っている」と書きましょう。
「~したい」と書いてしまうと、
ただただ、願っている状態で終わってしまいます。
例、海外旅行に行っている。

・主語をはっきりと付けましょう
「私は」という主語をつけることにより、
自分が行うということが明確になり、
潜在意識への訴えが強くなります。
例、私は海外旅行に行っている。

・期日を決めましょう
いつ夢を叶えるいかの期日を書くことで、
より明確な夢になります。
ここでは、ゴールデンウイークで例を挙げます。
例、私はゴールデンウイークに海外旅行に行っている。

・具体的に書く
具体的に書くことにより、夢をリアルにしていきましょう。
ダイエットなどなら数字を入れるとリアルになります。
海外旅行の場合は、場所をアメリカにしてみます。
例、私はゴールデンウイークにアメリカへ旅行に行っている。

・叶った時のの気持ちも書きましょう。
夢が叶ったことを想像して、気持ちも書き込みましょう。
叶った喜びなどのポジティブな状態を、潜在意識に刷り込みましょう。
例、私はゴールデンウイークにアメリカへ旅行に行き、
楽しく満喫している。

重要なポイントはこのぐらいです。
さらに、付け加えるとしたら、
画像や写真もつけてみましょう。
旅行の場合は、旅行先の写真などをつけると、
情報として、文字だけでなく、映像も入ってきます。
そうすると、より潜在意識への刷り込みが強くなるでしょう。

次に、夢ノートについてのアドバイスです。
まず、書くことが決まらない方へ。
日々の小さいことを書いていき、練習しましょう。
例えば、部屋の掃除をする予定を作り、
「部屋を掃除した」と書くのもよいでしょう。
最初は、このくらい小さなことでも大丈夫です。

次に、夢ノートを書き終わった方へ。
毎日読み返す癖をつけましょう。
夢ノートを書いて終わりにはせず、
毎日読み返すことで、潜在意識にしっかりと伝えていきましょう。
スポーツでいうイメージトレーニングのようなものですね。

毎日読み返す癖をつけることができた方へ。
日々の生活をしていく中で、
夢が変わっていくこともあると思います。
日々、読む中で夢の付け足しや修正を忘れずに行いましょう。

そして、夢を叶える過程も大事です。
夢の実現へ向けて、
期限までに何をしなければならないかというのも、
夢ノートに書いていきましょう。
例えば、旅行へ行くためにはお金が必要です。
そのお金を「いつまでに」「いくら貯めるか」というのも夢ノートに書きましょう。
このような細かなことも書いていくことで、
夢の実現がさらに近づくでしょう。

夢ノートアプリは?

上で、紙に書くことをおすすめすると書きましたが、
夢ノートアプリにも便利な機能があるので2つほど紹介します。

・セルフノート
こちらアプリは夢をカテゴリー別に分けたり、
メモしたりする機能があります。
細かな夢が並んできたときの整理に役立ちます。
また、このアプリ内で他のユーザーの夢を見ることができます。
他のユーザーの夢をみることで、
自分の励みになることもあるはずです。

・Dreamscope
こちらのアプリは、細かなスケージュールを立てることができます。
大きな夢への過程を細かく入れることができます。
これを使えば、日々の行動も見直すこともできるでしょう。

まとめ

気を付けることは少なからずありますが、
それでも、簡単に書けると思います。
小さなことからでも、夢ノートに書いていくことで、
実現した時の喜びなど感じられると思います。
さらに、少しずつでも実現する夢が大きくなれば、
より大きな喜びを感じ、
生活も豊かで楽しくなっていくのではないでしょうか。

有名人の中では、
スポーツ選手や女優なども夢ノートを作って、
大活躍している人も多いようで、
成功できるという面でも、
夢ノートの力は大きいのかなと感じました。

自分が立てた夢が、どんどん実現していけば、
喜びもありますし、自分に自信もつきますよね。
そんな状況なら、
豊かな生活を送っている自分が想像できますね。

どうでしょうか。
みなさんも豊かな生活が送っていけるよう、
夢ノートを始めてみませんか。

最後に、お読みいただきありがとうございました。