国際結婚ってメリットあるの?デメリットは?

・国際結婚したらメリットはある?
・国際結婚したら自由な時間もお金もなくなる?
・国際結婚したら人生終わり?

国際結婚に関するいい話もあれば悪い話もあります。

こうなると国際結婚にはメリットがあるのか?デメリットだけ?

ちょっとどうなの?大丈夫なの?と思ってしまうでしょう。

そういう僕もなんでかお嫁さんがウクライナ人の美人で。

お嫁さんのことではないのですが
国際結婚をするには、大変なこともありました。

これまでの出会いのあった外国人の女性たちには
ビザやお金が目当てだった人もいました。

自分の知り合いなんかでも

「旦那が・・・」

「嫁が・・・」

グチをこぼしているのをみることがあります。

例えば女性は、
旦那がまじめかと思っていたら最初だけだった。
だらしがない。
旦那が仕事をしないので仕事をしないといけない。
時間が制限される。
こんな結婚・出産とは思わなかった。
これだったらやめとけばよかった。
日本人の男性にしておけばよかった。

男性は、
最初はまだよかったけど。
嫁さんとライフスタイルがあわない。
嫁さんががさつでつらい。
言葉が通じない。
嫁さんが実は他に男をつくった。
いつのまにか嫁さんがお金をもってでていった。
こんなはずじゃなかった。
独身のままのほうがよかった。

果たして国際結婚にメリットってあるの?と問題に思います。

「国際結婚にメリット・デメリットがある?」迷いがある。考えてる時点でその結婚はキケン

まず「国際結婚のメリット・デメリットがあるのか?」を考えている。
メリットありそうだから結婚しようとするのはキケンです。リスクがあります。

国際結婚のメリット・デメリットは男女それぞれあるでしょう。
こうして何か内容にメリットを感じて結婚しても、
長くは続きませんし、相手もそれなりです。

たとえば
女性が「この男性は金髪でかっこいい、ハンサム。お金もありそう。」

この人と結婚したらメリットだらけ。
夫の会社が倒産したりはしないだろう。
夫が退職してもすぐに転職をするだろう。
上司もいい人だろう。

お金があるからメリットを感じて結婚したのに。
実は夫は生活費はいれるけど
それ以外にはうちにはお金を入れない。

一般的には日本人の男性と随分と違うのです。
まずアメリカ、ヨーロッパの男性というのは
女性のことを下とみています。
女性は男性の所有物という考えがあります。

日本人の女性、男性の役割分担、対等の関係とは違います。

旧約聖書に書かれているのが

「女性が男性の骨から生まれるのです。」

理想というか現実問題として
国際結婚をするのにメリット・デメリットを考えて結婚するのはあまりよくないです。

この人はどういう人なのか?

女性のことをもの扱いしない人なのか?

対等なのか?

愛といっていても、夫の家政婦扱いになることが女性でしたらあります。

ただ理想だけだと。
金髪がいいなだと
国際結婚は長続きはしません。

男性では

相手の女性の目的がただのお金目当てなのか?

ビザが目当てなのでは?

日本国籍が欲しいだけなのでは?

日本のパスポートは世界一です。

国際結婚の醍醐味は「違いを楽しむ。」

国際結婚は大変な面もあります。

でも自分が知らなかったことが見られるのは醍醐味です。

毎日違いだらけです。

お互いを尊敬できるのか?

なにかと同じがいいと思いがちの日本人にとっては慣れないかもしれません。

違いを楽しむ国際結婚生活。

違う二人が結婚するのが結婚です。

結婚をすると人生が二人分になるのです。

違うのがいいと意識を変えることも必要です。

まとめ

いかがでしたか?

国際結婚は言葉もですが難しいことがさまざまにあります。
でもそれだけ面白いのです。